学資保険のチェックするポイント

パプリカ学資保険とは基本的に子供の教育費を補助する目的ではいる保険です。契約どおりに保険料をおさめれば、あらかじめ設定していた教育費が必要になる時期にまとまった給付金を受け取ることができます。

 
しかし、学資保険は商品をよく吟味する必要があります。中にはおさめた保険料の合計額より満期後の給付金の総額が少なくなるというケースもあります。元本割れでは損になってしまいますので充分注意してください。

 
中学校でかかる費用は学校教育費、学校給食費 、学校外活動費があります。高校とは違って就学支援金のようなものはないため、その分親の負担も大きくなります。これらを合算した1年にかかる金額は以下になります。

 
公立 40~50万円(内、学習塾費 18万円)
私立 120~150万円(内、学習塾費 13万円)

 
私立は3倍以上の費用がかかり、入学金があるため初年度はほかの年よりも割り増しになります。その反面、塾にかかる費用は年間で5万円ほど抑えられています。塾にできるだけ行かなくてもいいように中高一貫校に通わせているためです(しかし学習のサポートをすべて学校がやってくれるわけではないので塾代がかかることに変わりはありません)。それに対して公立は高校受験のために塾代がかさみます。

コメント

コメントを受け付けておりません。