学資保険のチェックするポイント

トマト

学資保険というものは、子どもの学費・教育費などに必要となるお金を補助することを目的としたものです。契約者は親となりますので、毎月お金を納めるのも親の務めとなります。教育資金が必要になると想定できる時期に、給付金としてまとまったお金を受け取れる仕組みになっています。

 
祝い金・満期学資金として、定期的に給付金を得ることができます。契約時の子どもの年齢によって、学校へ入学するタイミングに合わせてお金がもらえる仕組みです。そのお金を入学金や授業料の支払いに充てる親は多いのです。

 
この商品の他に、貯蓄性の高いもので代替可能な商品はいくつか考えられます。どんな商品があるのか、紹介していきます。

 
低解約返戻金型終身タイプの商品があります。これは、支払っている期間の解約返戻金を少なくする代わり、納めるお金を割安にすることができる商品です。

 
あらかじめ設定している満期の年齢になった時、解約してまとまった返戻金を受け取ることが可能となります。解約せずに持ち続けていることも可能で、必要な時に自由に解約できるシステムとなっています。

 
払込終了した後は、解約せずに据え置くことで返戻率は上がり続けていきます。100%を超えた時点で解約すれば、払込料より受け取れる金額が大きくなるため、この商品を選択する人も増えています。

コメント

コメントを受け付けておりません。