学資保険のチェックするポイント

ピーマン01高校の学費って、一体どれくらいかかるものだと思いますか?ここでかかってくる学費は、私立や公立校でも、やはり初年度に高額な費用が出ていきます。入学費用の他に、授業料など、教材費もプラスされ、それだけ負担が大きくなってしまうからです。

 
都や国が運営している学校だと、一年の平均教育費は、39万円となっています。一方で、民間が運営する学校では、97万円となっています。基本的に、民間の方が学費も高くなっていきます。

 
学生の中には、学校とは別に、学習塾に通う方もいますが、学年が上がれば、それに従い塾にかかる費用も上がってくるのが普通です。

 
また、民間の学校は設備にこだわって建てられていたりするので、メンテナンス費用や維持費なども含まれ、都立高などと比べ、高くなってしまうのです。レクレーションにや課外活動にも力を入れているので、外部でかかってくるお金もあるのです。例えば修学旅行先も、都立校などは、関東からも比較的行きやすい国内への旅行となりますが、民間の学校では、海外旅行など、旅行先も華やかで楽しみが大きいものとなっています。

 
国が運営している学校の学費には、中学の時のように、給食費用などは含まれません。しかし、図書館の設備費用や、部活費用がかかってくるところもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。